小規模認可保育園とは?

平成27年4月よりスタートした「子ども・子育て支援制度」の事業のひとつです。背景として、待機児童問題の解消が目的にあります。
認可保育園は定員60名になっているのに対して小規模認可保育園は6~19名です。対象年齢は0~2歳です。
以前は19名以下の小規模保育園は認可外となっていましたが、
「子ども・子育て支援制度」では市町村の認可事業(地域型保育事業)となりました。

小規模認可保育園の設置基準は、国が定めた基準に沿って各自治体が定めています。形態は3つありA型・B型・C型に分かれます。

きりつ保育園
類型 A型 B型 C型
定員 6~19名 6~19名 6~10名
資格 保育士のみ 半数が保育士 市区町村の研修を受けた保育士、
保育士と同等の知識経験を
有すると認められた者
配置 0歳児3人につき1人
1~2歳児6人につき1人
さらに+1人の保育従事者
0歳児3人につき1人
1~2歳児6人につき1人
さらに+1人の保育従事者
0~2歳児3人につき1人
補助者を置く場合は、0~2歳児
5人につき1人の保育従事者
設備 0・1歳児1人あたり3.3㎡
2歳児1人あたり1.98㎡
0・1歳児1人あたり3.4㎡
2歳児1人あたり1.99㎡
0~2歳児いずれも1人あたり3.3㎡
認可外との違い
  • 国が定めた基準に合わせた設備基準・職員配置基準が必要。
  • 運営費、改修にかかる経費等の補助金を受けられる。
  • 入園児の募集、選考等自治体の基準に沿う。協力を得られる。
  • 保育料は自治体が定めた金額となる。(他の認可保育園と同じ)

きりつ保育園の事業形態

当園は、小規模保育事業A型です。
保育に当たる職員は全て保育士であり、設備基準・職員の配置基準を満たし運営します。
0~3歳未満児を対象とし、18人の定員でスタートします。
小規模ですが、保育に必要な設備を揃え、自治体や地域の皆様と連携しながら安心してお子様をお預けいただける様に運営してまいります。小規模保育園の特徴を生かし、大切なお子様やご家族の皆様の為になれるよう努めていきます。
当園について分からない事等お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら